歩兵第六旅団司令部庁舎

記憶の灯り 希望の宙へ 

~いしかわの戦争と平和~

石川県の防空壕

記憶の灯り 希望の宙へ 

~いしかわの戦争と平和~

召集令状・赤紙

記憶の灯り 希望の宙へ 

~いしかわの戦争と平和~

輪島市吉浦・機雷戦災者の碑

記憶の灯り 希望の宙へ 

~いしかわの戦争と平和~

輪島市皆月・旧海軍望楼跡

記憶の灯り 希望の宙へ 

~いしかわの戦争と平和~

石川県の戦争遺跡を新事実とともに徹底取材。 場所紹介マップとQRコード付き。 県内初の戦跡ガイドブックとして最適な1冊。

石川県戦争遺跡マップ

石川県の戦争遺跡をまとめたガイドマップ

「記憶の灯り 希望の宙へ ~いしかわの戦争と平和~」

2020年8月15日刊行

A4判・132ページ(オールカラー)

定価1300円(1182円+税)

発行:石川県平和委員会/戦争をさせない石川の会

監修:本康宏史(金沢星稜大学教授)

わずかですが増刷しました。お申し込みは コチラ より

*石川県の戦争遺跡を徹底取材。未発表の資料や新事実も多数掲載。

*遺跡は地図で紹介するとともに、QRコードですぐに確認可能 → 使い方のページ

お知らせ・メディア情報

お問い合わせページ


小冊子『想いをつなぐ』の発刊と『記憶の灯り 希望の宙へ』の重版をご報告します(2021年5月20日)

 『記憶の灯り 希望の宙へ いしかわの戦争と平和』は、おかげさまで県内外で好評を得て、昨年8月の刊行から6か月という短期間でほぼ完売となりました。その成果を成し遂げたのは、出版支援金へのご協力および冊子の主旨に賛同され購入いただいた多くの団体・個人の方々が、冊子を手に取ってさらに平和への想いを高め、周りの方に普及していただいた結果です。
 刊行後には、県内外の多くの方々から、労いと賛辞を含め丁重な書評や感想をいただきました。編集委員会では、改めて感謝と連帯の輪を広めたいとの想いから、石川保険医新聞に掲載された冊子編集委員のリレー・エッセイや、みなさんから寄せられた書評・感想をまとめた小冊子『想いをつなぐ』を作成しました。そして、『記憶の灯り…』完売後も、「もう在庫はありませんか?」との問い合わせをいくつもいただき、兼ねてより検討していた重版(正誤表の内容の修正版)を5月1日付で刊行できることになり、新たな普及を息長く続けていきたいと思います。
 今この国は、拡大するコロナ禍のなかでさえ、自らの保身と棄民政治、オリンピック強行、憲法改正に突き進む政府が舵を取る難破船であり、先の戦争末期と同じ空気が漂っています。一人でも多くの方が、『記憶の灯り…』で確信を得た平和への想いをひろげ、平和をともにつくり、次の世代に手渡す一歩を踏み出してくれることを願っています。

本書の刊行にあたり、中能登教育委員会、県健康福祉部厚生政策課「石川県将士の記録」、県企画振興部企画課「国立工芸館」、小松市観光文化課「遊泉寺石切場」など県内各公的機関をはじめ、多数の県民のみなさまより貴重な資料をご提供いただきました。
この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。資料提供者のみなさまは詳しく本書に記載させていただいております。

編集委員会では、県内の戦跡ガイドブックとして刊行した本書が、平和教育の参考図書として戦争の記憶を次の世代に引き継ぐ『道しるべ』となることを願って、県内の小学校、中学校、高等学校、大学の学校図書館及び公立図書館に寄贈させていただきます。

ぜひ多くの方に手に取っていただき、平和への思いを多くの方と共有していただけますことを切に願っております。

      「記憶の灯り 希望の宙へ~いしかわの戦争と平和~」編集委員会

                             2020年8月吉日

>